[ネスレ]キットカット ほうじ茶(京都)


先日京都に行った際に、見つけましたご当地キットカット!
「ほうじ茶」味と、「宇治抹茶」味。

2015-10-16 09.34.33しかも、抹茶ってオトナの甘さシリーズで見かけるけど、ほうじ茶って初めて。
こうした気になる変り種があると、ついつい手にとってしまいます。

1.外観

ほうじ茶味のパッケージの外観はこちらです。
抹茶より「伊藤久右衛門」が目立っています。

2015-10-16 09.38.59

伊藤久右衛門(いとうきゅうえもん)さんの説明は宇治抹茶編でさせていただいたので、
ここでは割愛させていただくとして、
老舗感が出るだけで美味しそうに見えてしまうのは日本人の悲しい性です。笑

裏面には、抹茶同様、Messageが書けるようになっています。

2015-10-16 09.40.00

これまた抹茶同様、左下に、「Information for international customer!」と書かれつつ、
「1日1回毎日当選のチャンス!」とまったく違う日本語に対応しているというのが日本らしいです。

箱は、側面からぴりぴりと空けることができます。

2015-10-16 09.41.10

ただ、ポイントは半分までしか開かないということ。

これにより、持ち運ぶ際に、
全部がかばんの中でぶちまけられるということを防いでいるのだと思います。

ちょっとした工夫ですね。

2.中身・味

そんな箱のサイドからキットカットを取り出します。

2015-10-16 09.41.40

容量は抹茶と同じく、1つの箱に5個のキットカットが入ってます。
2015-10-16 09.42.08

さらにその中をあけて見ます。

2015-10-16 20.43.55

当たり前かもしれませんが、抹茶のときのような茶葉感はありません。
お茶色のチョコレート。

抹茶は茶葉を粉にして飲みますが、
ほうじ茶はお湯で煮詰めて(お茶を出して)飲む違いがここにも出ているのかと思うと、
「神は細部に宿る」感を感じます。

ん、でも、抹茶のあれは、茶葉なのか?

 

ちなみに、同じく断面を見てみるとこんな感じです。
2015-10-16 20.44.27

さて、一口。

ほうじ茶の苦味と、チョコレートの甘さがとてもいい感じです。

って、抹茶のときとコメントが丸かぶりですが。

でも、チョコレートの甘さと、お茶の渋みを本当に美味くブレンドしたな、と感心します。

ほうじ茶のほうが京都にしか売っていないということでプレミア感さえ感じます。

 

3.成分表

-1枚11.6g当たりの栄養成分表が載ってます。
気持ち、抹茶より、たんぱく質とナトリウムが少ないようです。
2015-10-16 09.39.14

エネルギー:64kcal
たんぱく質:0.44g
脂質:3.6g
炭水化物:7.4g
ナトリウム:2-8mg

2015-10-16 09.39.33

-アレルギー7品目

エビ カニ ソバ 小麦 ピーナッツ

*大豆も含まれています.

4.まとめ

京都限定のキットカットを抹茶とほうじ茶と見てきました。

どっちも美味しい!それは間違いないのですが、どっちも378円とちょっとお高い!

それでも買うならどっち?
って言われると、個人的には、ほうじ茶キットカットでしょうか。

だって、抹茶はオトナの甘さシリーズとの違いはわからなかったので。
ある意味、日本全国どこでも味わえちゃいますから。
ほうじ茶キットカットは、京都でしか味わえないかなと思ってます。

ご当地キットカット情報をこれからも発信していきます。

 

 

[PR]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です