[満月]阿闍梨餅(京都)


京都のお菓子といえば、八つ橋が圧倒的に有名ですが、個人的に大好きなのは阿闍梨餅です。
東京のデパ地下でも手にすることが出来たりしますが、今回は京都に行って手に入れてきました。

今回訪問したのは、京都の清水寺近くにある、満月の京都清水産寧坂店です。
風情ある階段の細道に満月のお店はあります。(写真左手前)

2015-10-15 16.04.58

1.外観

店内ではいくつかのサイズの阿闍梨餅が売ってましたが、
今回は5個セットと1個のばら売りを買いました。

2015-10-17 08.53.34

1個でもその場で買えるので食べ歩きにもお勧めです。

5個入りの箱は開くと縦に阿闍梨餅が詰まっています。

2015-10-17 08.54.48

この箱自体は、満月の中でも京都清水産寧坂店のオリジナルのデザインの模様。

2015-10-17 08.56.18

側面に書いてあるのも、清水の舞台が書かれているようです。
こういう「ここでしか買えないもの」っていいですよね。

2015-10-17 08.56.52

一個一個のパッケージにはシンプルに「阿闍梨餅」「京銘菓」と書かれています。

2015-10-17 08.55.05

裏面はこんな感じ。他のお菓子と違うのは、成分表示が書かれていないこと。
原材料名に、「卵」ではなく、「玉子」と表記されているのも珍しいなと思いました。

2015-10-17 08.55.50

玉子と卵の違いって何か知ってました?

本来は、こんな使い分けをされていました。
・生物学的な意味での「たまご」=卵
・食材としての「たまご」=玉子

ただ、現在では、下記が一般的なようです。
・生の状態のモノを「卵」
・調理されたものを「玉子」

参考:http://www.jz-tamago.co.jp/pdf/E01_7.pdf

アレルギー表記も「卵」って書かれていることが多いのは、
原材料としては、「生の状態のモノ」だからということだと思います。
ただ、満月的には、「本来の食材としての『たまご』」として、
「玉子」と表記しているのでしょうか。

勝手な想像ですが、さすが京都の老舗だなって思ってしまいました。

2.中身・味

阿闍梨餅の小袋を破くと、丸いお餅が出てきました。

2015-10-17 08.58.49

きつね色の焼き色がついた、美味しそうなお餅。
お餅というより、人形焼的な感じです。

中を開くと、ぎっしりあんこが!

2015-10-17 08.59.31

外の生地の触感はもちっとしていて、中のあんこを優しく包んでいます。

あーやっぱこれはうまい!

お茶と一緒に頂きたくなります。

大満足のお菓子です。

 

3.成分表

成分表がパッケージに記載なかったので、ホームページで調べたページを参照しました。
定かではありませんが、ご参考まで。
参考:http://www.karadakara.com/note/some/meal/detail/yx73/10026734.html

-35g当たりの栄養成分表が載ってます。

エネルギー:110kcal
たんぱく質:1.9g
脂質:2g
炭水化物:21.2g
ナトリウム:18.3mg

-アレルギー7品目

エビ カニ ソバ 小麦 ピーナッツ

4.まとめ

阿闍梨餅は、これで1個108円と値段的にもお手頃です。
お土産としても鉄板だと思います。

ちなみに、賞味期限は4日程度でした。

少し足が短いというのは難点ですが、京都のお土産はこれで決まり!

[PR]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です