[グリコ]ビスコクリームサンドビスケット


日本人はこれを食べて強くなってきたのです。

ところで、「グリコ」と「ビスコ」って頭の中でかぶりません?

DSC_0076
1.外観

というわけで、ビスコをご紹介します。
表に描かれた男の子が大変かわいらしいです。
カルシウムとビタミンが強化されているそうなので、
すくすく成長してほしい子供のおやつにぴったりですね。

DSC_0075

裏面には、「しあわせも ふたりぶん(はーと)」と書かれていて、
ものすごくハッピーな雰囲気が出ています。
「いっしょだとたのしいね」「きみのしあわせがぼくのしあわせ」

ということで、だれかと一緒に食べることを推奨しているようです。

2.中身・味

DSC_0078
開けました。3パック入っています。中は5個入りです。
DSC_0067(2)

DSC_0068

なんといっても、このサイズ感がかわいいですよね。
親指くらいの小さなビスケットで、小さい子供も持ちやすくなっています。

ところで、どの会社のビスケットを買ってもこういう模様が
ついているのはなんでなんでしょうか。
ググってみたのですが、わかりませんでした。それ以上の力を費やして調べる気力もなく…。

ビスコの模様はハート型にも見えます。
しかもビスコって書いてある!画像では上下反対ですが。
この記事を書いていて気づきました。
細かいところまでちゃんとこだわって作られているのでしょう。

さて、ここいらで味のご紹介といきたいところですが、
……ビスコのこの不思議な味はなんと説明したらいいんでしょうか。
なんとなくすっぱいような、甘いような、なんとな~く苦味もあるようなおいしさなんです。

根っからの文系ということもあり、
成分表を見てもこの味の正体がわかりませんでした。なんですかV.Dって。

とにかく、目を閉じて口に入れてもぜったいにビスコだと分かるこの
独特の味が、ずっと日本人に愛されてきた理由なのでしょう。
……それにしてもなんでしょうかね、ひとを強くする成分のせいか、少し薬っぽいというか。
何個も食べてしまう味だと思います。

3.成分表

DSC_0070

DSC_0074

ビスコは人と分け合って食べるお菓子なので、
1箱分ではなく1パック分の成分を紹介します。
1人で1箱食べるときには、これを3倍してください。

エネルギー:98kcal
たんぱく質:1.3g
脂質:3.7g
炭水化物:14.8g
ナトリウム:47mg

-アレルギー7品目

エビ カニ ソバ 小麦 ピーナッツ

 

4.まとめ

ビスコはこれからも愛され続けるのだと思います。

[PR]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です